カゲツの種

日常のちょっと気になることを調べました

お彼岸はあの世のご先祖様に感謝する日!具体的に何をしたらいいの?

f:id:KAGETSU:20191121143159j:plain

みなさんお彼岸ってなんだかご存知でしょうか。


なんとなく毎年お墓参りに行くなという感じで、意外と詳しい説明をできる方は少ないかと思います。


子供に「お彼岸ってなにー?」と聞かれたときに無言になってしまう方も多いのではないでしょうか。


また今までは両親にまかせっきりで何もやったことがないという方も、ご両親が年配になると自分が責任をもってお彼岸の催しをしなくてはなりません。


今日はお彼岸とは何かおさらいしましょう。

お彼岸とは?


お彼岸とは春と夏の年に2回あります。


春は3月の春分の日、秋は9月の秋分の日のそれぞれ前後3日間を合わせた7日間のことをお彼岸といいます。


つまり次のお彼岸は2020年(令和2年)の春のお彼岸で、春分の日は3月20日なので3月17日から3月23日になります。


お彼岸の初日は「彼岸入り」、春分の日秋分の日を「中日」、お彼岸の終日を「彼岸明け」と呼びます。


お彼岸はお盆のように細かい決まりや飾りつけなどはありませんが、日本では多くの人が先祖への感謝の気持ちを込めて、お墓参りに行くことが多いようです。


そもそも春分の日秋分の日は太陽が春分点秋分点に達した日のことで、太陽は天の赤道上にあり、ほぼ真東からでて、ほぼ真西に沈みます。


そのため昼と夜の長さが同じになる日と言われていて、さらにあの世とこの世が最も近くなる日ともいわれています。


この期間に精進すると浄土へ行けるなんていう言い伝えもあります。

お彼岸にすることとは?


お彼岸とは先祖に感謝する期間です。


でもどのように先祖に感謝の気持ちを伝えればよいのでしょうか。


具体的に説明していきます。

お彼岸にすること 六波羅蜜(ろくはらみつ)


これはお彼岸の前後6日間で人が生きていくうえで良いことと悪いことを判断し、正しい行いをすることをいいます。

布施


ほどこしをするという意味です。


財だけでなく、労力や生きていくうえで必要な食べ物、衣類などを分け与えることです。


ほかにも笑顔で温かく見守ることやお手伝いすることも布施の一つで、簡単にいうと親切にするということです。

持戒


規律を守ることです。


言行一致ともいいますね。


人間は言ったことを守らないと信用を失われ、一人で生きていかなくてはならなくなります。


持戒を一言でまとめると善い行いをするということです。


善い行いを宣言してそれを有言実行するのが持戒です。

忍辱


忍耐のことです


怒りを捨てろという意味ですね。


人間は怒りに身をまかせてしまうとろくなことがおこりません。


怒りの感情に身を委ねると後悔ばかり残ります。


怒りの感情をもっていて得することはないので、とくにこの6日間は怒りを捨てろということです。

精進


これは言葉の通り精進しろということです


何においても努力を怠る人に運は回ってきません。


努力を惜しまずに精進しようということです。

禅定


これは少し難しいですね。


反省という意味をもつのですが、これだけだと何のことかわかりません。


禅定の反対は散乱で落ち着きがないという意味を指します。


つまり禅定というのは落ち着く、心を安定させるということです。


ざわざわ落ち着かない気持ちを、心をしずめ、一つにしなさいという教えです。

智慧


難しい感じですがこれは「ちえ」と読みます。


一般的に使う知恵とは違い、修養を意味します。


智慧六波羅蜜を総括したもので、悪いことはやめて善い行いをしなさいということです。


以上の6つのことをお彼岸の間は行おうということです。


長い説明になりましたが、簡単にいうと善い行いをしましょうということです。

お彼岸にすること 先祖に会いにいきましょう


普段はなかなかお墓参りに行く機会がない人でも、お彼岸の間はできるだけ先祖に会いに行くようにするといいですね。


お墓参りにいったら、草むしりや墓をふくなどきれいに掃除してあげましょう。


お墓参りに行けないときは、仏壇の掃除をしましょう。


お彼岸というのは先祖を思い出す期間でもあります。


改まって思い出す機会なんて普段はあまりないですよね。


なのでお彼岸の間だけでも先祖を思い出すようにして、綺麗にする機会にしてください。

お彼岸にすること お供えものをしましょう

f:id:KAGETSU:20191120100417j:plain

お盆ほど細かい決まりはないですが、お彼岸もお供えものをするといいでしょう。


牡丹餅・御萩、季節のフルーツなどを飾るのが一般的です。


ここで余談ですが、牡丹餅と御萩の話をします。


どちらもつくり方、材料が一緒なのに呼び方が違うことを不思議に思ったことありませんか。


実は花に見立てているのです。


春はぼたんの花が咲くので牡丹餅、秋ははぎの花が咲くので御萩と呼びます。


ぼたんの花は大きいので牡丹餅は大きく、はぎの花は小さいので御萩は小さ目に作られています。

お彼岸に知人を訪問する際はどうしたらいいの?


お盆ほど大々的ではないですが、お彼岸も親戚まわりや友人の宅にお線香をあげにいくことがありますよね。


そのときの持ち物についてご紹介します。


まずもっていくものは、お菓子、お茶菓子、季節のフルーツ、お線香、ろうそく、花束、故人の好きだったものなどをおすすめします。


下手に気を利かせたものをもっていくと、相手のお宅に気を使わせてしまうので、あっさりとしているものの方が良いです。


掛紙の水引は黒白、または双銀、地域によっては黄白の結び切りで、表書きは「御供」、己明け前は「御霊前」、明け後は「御仏前」などを使用するようにしましょう。

お彼岸にあの世のご先祖様に感謝する方法 まとめ


お彼岸はとくに細かい決まりはなく、先祖を思い出す機会のようなものですね。


今の自分があるのも先祖様のおかげ。


感謝の気持ちを込めながら、善い行いをするようにしましょう。

運営者情報